フルーツ青汁ランキング1位はこれ!

美肌×ダイエット×健康に!オススメフルーツ青汁ランキング

食物繊維の食べ過ぎは便秘になるってホント?

Pocket

「便秘解消には何といっても食物繊維」
そう思って、きのこ、ごぼうや人参、お芋など食物繊維が大量に含まれている食べ物を食べ過ぎていると逆に便秘になることがあるって知っていましたか?

便秘にいいはずと思って、たくさん食べていたのに、逆に便秘が悪化してしまうなんてショックすぎますよね。

そこで、ここでは食物繊維を食べ過ぎるとど便秘が悪化するのか、その真相と便秘を悪化させない摂り方についてまとめていきたいと思います。

食物繊維が便秘を悪化させることがあるってホント?

食物繊維には、不溶性食物繊維と水溶性食物繊維があり、それぞれ便秘解消に役立つと言われています。
でも、ここで大事になるのは、不溶性食物繊維と水溶性食物繊維のバランスです。

不溶性食物繊維には「腸を刺激し、便のかさを増やし腸の活動を活発化させる」という働きがありますが、水に溶けないので摂れば摂るほどにかさが増してしまいます。
便は、腸の壁がゆっくりと波打つように収縮するぜん動運動によって運ばれていきますが、便秘の人はこのぜん動運動の機能が低下しているので、食物繊維を摂りすぎることによって便のかさが大きくなり過ぎてしまい、スムーズに便が運ばれなくなってしまいます。
こうして、便秘が悪化する可能性ががあるんです。

一方、水溶性食物繊維は「腸内の善玉菌を増やし、腸内環境を整える」という働きがあり、水に溶けて腸の中を滑らせてくれます。
そのため、不溶性食物繊維と同時に摂ることで、お腹の中に溜まった便を体の外に出してくれるんです。

つまり、食物繊維は不溶性食物繊維と水溶性食物繊維をバランスよく摂ることが重要です。
この便秘解消のための黄金比は、「不溶性2:水溶性1」だと言われています。

不溶性食物繊維と水溶性食物繊維を同時に含む食品を積極的に摂取するようにしましょう。

不溶性食物繊維と水溶性食物繊維を同時に摂れるフルーツ青汁

便秘解消の為には、不溶性食物繊維と水溶性食物繊維をバランスよく摂ることが大事になります。
不溶性食物繊維で便のかさを増やし腸の活動を活発化させ、水溶性食物繊維で便を腸の中で滑らせるというダブルの働きが便秘解消に導いてくれるんです。

そこでオススメなのが、フルーツ青汁
フルーツ青汁に含まれるケールや大麦若葉などの青汁原料には不溶性食物繊維と水溶性食物繊維が豊富に含まれているので、コップ1杯飲むだけでどちらの食物繊維も取ることができるんです。

また、フルーツ青汁には、乳酸菌が配合されているものが多く腸内環境を整える為にはバッチリ。
腸内環境を整えると、すっきりと出やすくなるだけでなく、美容にも健康のサポートにもいいと言われているんですよ。

フルーツ青汁で食物繊維をバランスよく摂って、すっきりしちゃいましょうね!

便秘にお悩みの方にオススメ
フルーツ青汁ランキング

Pocket