フルーツ青汁ランキング1位はこれ!

美肌×ダイエット×健康に!オススメフルーツ青汁ランキング

青汁の種類にはどんなものがある?

Pocket

いろんなメーカーから発売されている青汁。
いろんなタイプのものがあるので、自分にあったものを選びましょう。

青汁の種類

青汁には、粉末タイプ、冷凍タイプ、ゼリータイプ、フリーズドライタイプ、錠剤などがあります。

粉末タイプ

よく見るのが、粉末タイプの青汁ですよね。
水に溶けやすいように、細かい粒状に加工されていて、水に溶かして飲むようになっています。

今はさっと溶けるタイプの方が多いですが、ものによっては粉っぽかったり、風味がきつかったりすることがあるかもしれません。

青汁の青臭さや風味が苦手な方にオススメなのが、フルーツ青汁。
青汁の原料にフルーツをプラスすることで、とっても飲みやすく美味しい味になっています。

購入した粉末タイプの青汁が苦手だった時どうしますか?
水で溶かして飲みにくい時にオススメなのが、牛乳や豆乳で割る方法。
栄養価も上がり、とても飲みやすくなります。
他にも、プレーンヨーグルトに混ぜて食べたり、コーンスープに混ぜて飲むのもオススメです。

オススメの粉末タイプの青汁はこちら

錠剤タイプ

青汁を飲むのが苦手だったり、なかなか飲む時間が取れない方にオススメなのが、錠剤タイプの青汁。
持ち運びできるので、いつでもどこでも気軽に飲むことができるのが特徴です。

冷凍タイプ

冷凍タイプは、搾りたての青汁を急速冷凍し作ったものです。
栄養価が高いのがポイントなのですが、青臭さや苦味が気になる商品が多いように感じます。

青汁の青臭さや飲みにくさが気にならない方にはオススメですが、青汁初心者にはちょっときついかもしれません。

ゼリータイプ

今、増えてきているのがゼリータイプの青汁。
青汁といっても、青汁をそのままゼリーにしているのではなく、青汁の入ったゼリーというところでしょうか。
りんご味などでとっても美味しくデザート感覚で食べれるものが多いのですが、甘味料や添加物が入っているのがマイナスポイントです。

フリーズドライタイプ

フリーズドライタイプは、しっかりと絞った青汁を凍結させ真空状態にして水分を抜き乾燥させたものです。
青汁は熱に弱い成分もあるので、熱を加えないフリーズドライタイプは栄養価が破壊されないというメリットがあります。
デメリットは、他のタイプに比べて少し価格が高くなっているところ。
毎日飲み続ける為には、価格も大事になるので、お財布と相談しながら商品選びをしたいですね。

どうでしょうか?
青汁にもいろんなタイプのものがあり、メリット・デメリットがあります。

いろいろ試してみて、自分にあった青汁を選びましょうね。

Pocket

お悩み別フルーツ青汁ランキング

フルーツ青汁の口コミを検証【購入レポ】

フルーツ青汁de美活日記

フルーツ青汁で始めよう美活!コラム