フルーツ青汁ランキング1位はこれ!

美肌×ダイエット×健康に!オススメフルーツ青汁ランキング

野菜不足で起こる症状

Pocket

野菜って食べていますか?
食べないといけないことはわかっていても、どうしても食事を簡単に済ませてしまったりと野菜が不足してしまうことって多いんじゃないかなと思います。
1日に必要な野菜は350gと言われています。

では、この必要な野菜が不足してしまうとどのような症状が出るのでしょうか?

野菜に含まれる栄養

野菜には主に、ビタミンA、ビタミンC、ビタミンEといったビタミン類やミネラル、食物繊維などが含まれています。

ビタミンA

ビタミンAには、目や鼻などの粘膜を健康に保つ働きがあり、肌荒れや風邪の予防に高価があると言われています。また、ガンの予防や老化防止に役立つ抗酸化作用があります。

ビタミンC

ビタミンCは、コラーゲンの生成や保持に必要な栄養で、美肌には欠かせないビタミンです。
また、鉄の吸収を高めたり、免疫力を高める働きがあり風邪の予防やストレス軽減にも効果があると言われています。
ビタミンCは体内で作り出すことができないので、食物から摂取する必要があります。

ビタミンE

ビタミンEには高い抗酸化作用があり、血管の健康を保ったり、毛細血管の血流を良くする効果があります。肌のすみずみまで血液が循環し、肌荒れの予防やアンチエイジングにも効果があります。

食物繊維

野菜不足になるとすぐに症状として出てくるのがなんといっても便秘。
食物繊維には、水溶性食物繊維と不水溶性食物繊維があり、それぞれ便秘解消に役立ちます。さらに、水溶性食物繊維には「善玉菌を増やし、腸内環境を整える」という働きがあります。腸内環境整えることは、ダイエットにも健康にも効果的ですので、積極的に摂りたい成分です。

鉄分

鉄分が不足すると、体に必要な酸素を運ぶ赤血球中のヘモグロビンが減少して体内が酸素不足になる=貧血になってしまいます。
鉄分は、鶏レバーなど動物性のものからも摂取できますが、野菜にも良質な鉄分が含まれていますので、野菜からも摂りたい栄養です。

カルシウム

カルシウムというと、牛乳や小魚から摂るイメージが強いですが、野菜にも豊富なカルシウムを含むものがあります。偏った摂り方をするのではなく、牛乳からも野菜からも摂ることが大事になります。
カルシウムは主に健康な骨と歯を作る働き、神経の興奮を抑制する働きがあります。
不足するとイライラしたり、骨折や骨粗鬆症の原因となりますので注意が必要です。

野菜が不足するとどうなるの?

このように野菜にはたくさんの栄養素が含まれています。
野菜不足になりこれらの栄養素が不足してしまうと、重大な病気につながることもあり、常にイライラするなど精神面にも影響が出てきます。

ビタミンA不足・・・免疫力が低下し、風邪をひきやすくなる。肌荒れ、老化が進む。

ビタミンC・・・免疫力が低下し、風邪をひきやすくなる。肌荒れ、老化が進む。

ビタミンE・・・活性酸素の影響を受けやすくなる。肌荒れ、老化が進む。生活習慣病のリスクが高まる。

食物繊維・・・便秘。腸内環境の悪化による肌荒れ、基礎代謝の低下など。

鉄分・・・貧血

カルシウム・・・骨粗鬆症、イライラ

このように必要な栄養素が不足してしまうことで、身体にも精神面でも影響が出てきます。
そこから、様々な重大な病気を引き起こすこともありますので、野菜や果物は日常的に進んで摂取していきたいものです。

野菜不足解消のために

頑張って食べよう!と思ってはいても、どうしても野菜って不足してしまいますよね。
そんな野菜不足を解消しながら、普段の食事ではなかなか摂り辛い栄養素を補うことができるのが「青汁」なんです。
青汁に含まれる、ケールや大麦若葉、明日葉などには普段の食事で不足しがちな栄養がたっぷり入っていますし、酵素などの摂りづらい栄養素も摂ることができます。

普段の食事に青汁をプラスして野菜不足を解消しましょうね!

Pocket