フルーツ青汁ランキング1位はこれ!

美肌×ダイエット×健康に!オススメフルーツ青汁ランキング

生理の時は痩せにくいってホント?

Pocket

生理中はダイエットに向かないって聞いたことありませんか?
確かに、生理の前ってむくみやすかったり、やたらお腹が空いて食べ過ぎたりしちゃいがちですよね。

そのむくみや食べ過ぎには女性の身体ならではの理由があるんです。
それは、生理前に大量に分泌されるプロゲステロンというホルモン。
プロゲステロンには食欲を増進させ、体内に脂肪や水分を加え、代謝を下げるという働きがあるんです。
ダイエッターには怖いホルモンですよね。

そこでここでは、生理の時はダイエットに向かないという理由と、太らない為の対策についてご紹介します。

どうして生理の時はダイエットに向かないの?

女性のホルモンには「エストロゲン(卵胞ホルモン)」と「プロゲステロン(黄体ホルモン)」という2種類のホルモンがあります。
そして、この2種類の女性ホルモンの分泌量により、生理周期は成り立っています。
エストロゲンは卵巣内の卵胞を成熟させて排卵や受精に備える働きをします。
また、このほかに髪や肌のうるおいを保ったり女性らしさを作る働きがあると言われています。
プロゲステロンは体温を上げ、子宮内膜をやわらかくして妊娠の準備を整えるホルモンです。
妊娠すれば分泌が続き、妊娠が起こらなければ排卵後2週間ほどで減少し生理が起こります。

生理前のプロゲステロンが分泌されている時期は、体が疲れやすく精神的にも不安定でイライラしがちになります。
水分を溜め込みやすくなるのでむくみが出たり、便秘になりやすくもなりますのでダイエットの効果が出にくい時期だと言われています。

ダイエットにはエストロゲンが多く分泌されている時期が適していますので、生理が終わったくらいの時期から始めるのがベスト。
生理前に溜め込んだ水分を排出し、代謝が良くなる時期なので、ダイエットが成功しやすくなるんです。

生理前・生理中に太らない為には

このように生理前・生理中はダイエットには不向きなので、ダイエットは避けた方が良いと言われています。
でも、生理前や生理中に普段より太ってしまうのも困りものですよね。
生理中は、血液を多く排出してしまい鉄分やカルシウムなどの栄養不足になることがあるので、栄養補給は普段よりも大事になります。
でもイライラにまかせて、チョコレートやケーキなど甘いものを食べていると普段の体重よりオーバーってことにもなってしまいがちです。
イライラしてどうしても甘いものが食べたい時には、栄養補給を兼ねてドライフルーツやナッツ、ヨーグルトなどをおやつにすることがおススメです。
果物の自然な甘みが凝縮されたドライフルーツは栄養価が高く、少量でも満足できますよ。

また、フルーツや野菜の栄養をコップ1杯に凝縮したフルーツ青汁もおススメです。
口寂しい時や小腹がすいた時には、豆乳やヨーグルトに混ぜたフルーツ青汁を摂ることで、栄養もたっぷり摂取することができますよ。

生理が終わると、ダイエットのチャンスが到来します。
フルーツ青汁は置き換えダイエットにも最適なので、不足しがちな栄養をたっぷり摂取しながらカロリーコントロールをして、ダイエット成功させちゃいましょうね!

ダイエットにオススメの
フルーツ青汁はこちら

Pocket