フルーツ青汁ランキング1位はこれ!

美肌×ダイエット×健康に!オススメフルーツ青汁ランキング

夏は痩せるなんて誰が言ったの?夏太り女子急上昇中!

Pocket

汗をかくことが多かったり、暑くて食欲がなくなったりと、痩せやすいイメージのある夏。
でも、実はとても太りやすい季節だって知っていましたか?

夏痩せというくらい夏は痩せやすいイメージがありますが、実際には夏痩せした人よりも、夏太りする人の方が多いんだそうです。

その理由は、「基礎代謝量の低下」と冷房や冷たい食べ物による「夏冷え」

そこでここでは、夏太りをしてしまう理由とその対策についてまとめていきたいと思います。

夏太りする理由

基礎代謝量の低下

夏太りの最大の原因は「基礎代謝量の低下」です。
夏って気温が高く、体温と気温の温度がとても近くなりますよね。
ということは、体温を維持する為のエネルギー消費が少なくて済むということ。
つまり、冬など寒い季節と比べて基礎代謝量が減り、カロリー消費も少なくて済む夏はどうしても太りやすくなってしまうんです。

また、暑いとなかなか動く気にならなくて、外で運動をしたりすることも減りますよね。
この運動量の低下もカロリー消費が少なくなる理由の一つになります。

そして、夏になると食欲が落ちてしまってなかなか食べれなかったり、食事がそうめんなどの糖質だけになってしまいませんか?
このように栄養が偏ると、タンパク質やビタミン、ミネラルといった体を維持する為に重要な栄養素が不足してしまい、体は正常に機能しづらくなって基礎代謝がさらに落ちてしまうんです。

夏冷え

冷えは太りやすい原因の一つ
夏って外に出ると暑いけど、室内はエアコンが効いて寒いくらいのことがありますよね。
オフィスのエアコンが寒くて、身体が冷え切っているって方も多いんじゃないかと思います。

また、アイスやかき氷、冷たい飲み物など暑いからといって、食べ過ぎていませんか?
夏の冷え症の特徴は内臓の冷え
冷たい食べ物で胃や腸などが冷えると便秘やむくみをもたらしてしまい、痩せにくい体質になってしまうだけでなく、お腹を下しやすくなってしまったり、疲れやだるさが出てしまったりと、身体全体の不調の原因にもなってしまうんです。

睡眠不足

夏って、睡眠不足になりがちですよね。
エアコンをつけないと暑くて暑くて眠れないし、エアコンをつけて寝ると逆に寒くて目が覚めてしまったりとどうしても寝不足になってしまいがちです。

でも、睡眠不足は肥満のモト
7〜9時間眠る人に比べて、4時間以下しか眠らない人は73%も肥満になりやすいんだそうです。
というのも、私たちの身体は寝ている間に成長ホルモンを分泌させ、それによって脂肪を分解しています。
睡眠不足になってしまうと、この脂肪を分解するという活動が阻まれてしまい、どうしても太りやすくなってしまうんです。

夏太りを解消するにはどうしたらいいの?

そんな太りやすい季節である夏。
どうすれば、夏太りを解消できるんでしょうか?

1 ぬるめのお風呂に長めに浸かる

身体を芯から温めるには、ぬるめのお湯に首までゆっくりつかる全身浴がオススメ。
38℃~39℃くらいのぬるめのお湯に15〜20分くらいゆっくり浸かって、芯から身体を温めましょう。
また、お風呂は身体を温めるだけではありません。

自律神経って知っていますか?
自律神経とは交感神経と副交感神経をあわせた総称なのですが、交感神経が優位に働くと活動的な状態になり、副交感神経が優位になると、身体はリラックスモードになって眠りにつきやすくなります。

お風呂に浸かると高いリラックス効果が得られるのですが、それだけでなくお風呂から出て徐々に体温が下がっていく時に眠ると寝つきがよくなると言われています。
ぐっすり睡眠をとることで、成長ホルモンの分泌を促すことができますので、暑い夏場でもシャワーで済ませずにお風呂に浸かって、睡眠をしっかりとるようにしましょう。

2 ストレッチなど簡単な運動を習慣に

暑いと外でランニングしたり、スポーツしたりってなかなか億劫になりますよね。
そんな時は、ストレッチや体幹トレーニング、筋トレなど室内でできる簡単な運動をするようにしましょう。
でも、腹筋や体幹トレーニングってきついから苦手で・・・
って方は、掃除や買い物などで日々の活動量をできるだけ増やすようにしましょう
日が落ちた後や早朝の涼しい時間にウォーキングをするのもオススメです。

3 冷たい飲み物や食べ物を避ける

夏はどうしてもアイスや冷たい飲み物が飲みたくなりますよね。
でも冷たいものは一気に内臓の温度を下げてしまい、夏冷えの原因となってしまいます。
お水などは常温のものを飲むようにして、できるだけ温かいお茶などを意識的に摂るようにしましょう
朝って起きたらどうしても冷たいお水をゴクゴクと飲みたくなりますが、朝は内臓を温めながら水分を補給ができる白湯がオススメです。

4 食事には温かい汁物やスープをプラス

カレーや麺類などの簡単な食事で済ませたり、冷たい麺類を食べる機会が多い夏場。
糖質だけに偏ることが多く身体が冷えがちな食事だからこそ、汁物を1品プラスすることを意識しましょう。
この時の汁物は、お味噌汁やスープなど何でも大丈夫です。
豆腐などのタンパク質や野菜をたっぷり入れた具沢山汁物で、内臓を温めながら、不足しがちなタンパク質・ビタミン・ミネラルをたっぷり摂ることを意識しましょう。

野菜をたっぷり摂らないといけないのはわかってるけど、暑いキッチンに出来るだけ立ちたくなくって・・・
という方は、野菜不足を手軽に解消できるフルーツ青汁を食事にプラスするのがオススメ

特に、朝食や昼食って糖質に偏ってしまって、野菜がどうしても不足してしまいがちです。
そんな食事にフルーツ青汁1杯をプラスしてあげましょう。
特に、フルーツ青汁を豆乳で割った豆乳青汁がオススメです。
豆乳には大豆イソフラボンやサポニン、レシチンなど脂肪を燃焼する働きや脂肪の吸収を抑制する働きがあって、夏太りに悩む方にオススメの飲み方なんですよ。
しかも、豆乳って若干クセを感じる方もいらっしゃると思いますが、フルーツ青汁に混ぜるとまろやかな甘みですごく飲みやすくなるのでオススメです。

ぜひ、試してみてくださいね!

夏太り解消!ダイエットにおすすめなフルーツ青汁はこれ

Pocket