フルーツ青汁ランキング1位はこれ!

美肌×ダイエット×健康に!オススメフルーツ青汁ランキング

フルーツ青汁って作り置きってしても大丈夫?

Pocket

野菜不足を解消しながら、普段の食事ではなかなか摂り辛い栄養素を補うことができるフルーツ青汁。
忙しい朝にも溶かすだけで飲むことができるのでとっても便利ですよね。

でも、1日に何回かフルーツ青汁を飲む時って、毎回溶かして作るのが面倒だな〜って思うことってありませんか?
野菜ジュースみたいに、ペットボトルに入っていてそのまま飲めると便利かも!と思ったのですが、青汁ってペットボトルなどに作り置きしておいても大丈夫なのでしょうか?

フルーツ青汁って作り置きしても大丈夫なの?

多くの青汁は、飲む直前に1杯づつ作るっていう前提になっていて、作り置きは推奨されておりません。

というのも、人気の青汁は無添加で安心して飲めるような商品が多いのですが、無添加ということは保存料などの添加物を使用していないケースが多いです。
保存料とは、カビや細菌の繁殖を防いだり、食品が酸化してしまうことを防止する目的で添加されるもの。
無添加だからこそ、水で溶かした後に保管状態が悪いと、カビや細菌が発生したりしてしまうんです。

また、青汁に含まれる栄養素には、時間の経過、酸化、熱などによって栄養素が壊れる物が多くあります
例えば、栄養素が壊れやすいものと言えば「ビタミンC」や「酵素」
ビタミンCは水に溶かすことで、破壊が進行してしまいます。
せっかくビタミンCたっぷりの青汁だからこそ、100%栄養を吸収するには溶かした後すぐ飲むようにしたいですよね。

また、同じく栄養素が壊れやすいものとして「酵素」があります。
酵素は消化や代謝などに欠かせない成分。
フルーツ青汁にはこの酵素が入ってますが、酵素は熱に弱いという特徴とともに、時間とともに失われていくという特徴があります。

100%の栄養を吸収したいなら、作ってすぐ飲むというのが基本ということですね。

フルーツ青汁を作り置きする注意点

でも、どうしても作り置きしたい場合は以下の注意点を守ってくださいね。

ペットボトルやマイボトルに青汁を作り置きする場合、1日以内に飲むようにしましょう。
また、ペットボトルに直接口をつけて飲むとどうしても雑菌が繁殖しやすくなります。
コップなどに移し変えて飲むことをお勧めします。

できれば、洗浄のしにくいペットボトルよりは清潔に使うことができるマイボトルや水筒を使用することをオススメします。

また、気温が高かったり、日光に当ててしまったりするとどうしても劣化が進んでしまいます。
早く飲みきることを前提に、できるだけ冷蔵庫等で涼しい場所で保管してくださいね。

せっかくの青汁だからこそ100%栄養を吸収できるように、作り置きせずに新鮮なものを飲むことをオススメしますが、どうしても作り置きしたい場合にはこれらの注意点を守って、安全に飲むようにしましょうね!

おすすめのフルーツ青汁ランキングはこちら

Pocket

お悩み別フルーツ青汁ランキング

フルーツ青汁の口コミを検証【購入レポ】

フルーツ青汁de美活日記

フルーツ青汁で始めよう美活!コラム